第47回花園保育園卒園式

3月11日、好天に恵まれ、47回目の卒園式を無事に挙行することができました。コロナ禍でありながらも、卒園式の晴れ姿をみていただきました。

3月11日、好天に恵まれ、47回目の卒園式を無事に挙行することができました。
コロナ禍でありながらも、卒園式だけは保護者に園内に入っていただき、子どもたちの晴れ姿をみていただきました。

ご本尊様へお参り

卒園式の前に、玄関のほとけさまにお参りをして、ほとけさまの歌を歌います。

本年はおうちの方と一緒にお参りをすることができました。

卒園式開会。少し緊張。

何度も練習しましたが、今日こそ本番です。子どもたちもちょぴり緊張しています。

保育証書授与

ひとりひとり、保育証書を受け取ります。

大きくなった子どもたち。立派な一年生になってください。

卒園児さんへお花のプレゼント

式が終わると、一足先に年中さんは外へ。卒園児さんが出てくるのを待ち構えています。

みんな一緒にお花のプレゼントを渡します。

みんな揃ってハイチーズ。

みんな揃ったところで写真を撮ってもらっています。

欠席のお友達と一緒に歌を歌います。

新型コロナ感染症はかなり落ち着いていたのですが、3月上旬より感染対策をしているのになぜかインフルエンザが猛威を振るい、残念ながら一名のお友達は参加することができませんでしたので、後日、ミニ卒園式を挙行しました。


本年は11名の卒園児を送り出しました。3歳児クラスからずっとマスク生活でしたが、その中でもお友達と仲良く楽しく遊んでいましたね。

それぞれの小学校へ行ってもまた新しい友達を作って、元気に大きくなってください。月末まで登園してきますけど、卒園児さんとしてよろしくお願いしますね。

卒園、おめでとうございます。

マリンバコンサートin泰清寺の本堂

大きなマリンバにビックリ!みんなの知っている曲をたくさん演奏してもらいました。音楽を通して、子どもたちの感性豊かになっていくといいですね。

今日は本堂で、マリンバ奏者の演奏会を開催しました。初めて見る大きな楽器に驚きながらも、音色を楽しんでいました。

本堂の中で組み立ててもらいました。保育園の木琴より大きい!!とみんなびっくりしています。

マリンバとは、大きな木琴のような楽器です。さて、どんな音が鳴るのか楽しみにしています。

バチが2本づつ、両手で4本持って演奏しています。

素敵な音色にみんな釘付けです。いろんな曲を演奏してもらいました。

年長さんが北九州幼児音楽祭で演奏した「in the mood」もリクエストに。

最後にはみんなで「ありがとうの花」を唄って踊って楽しみました。

小さなお友達も立ち上がって全身で踊って楽しんでいました。


保育園でも先生のピアノや、いろんな音楽に合わせて子どもたちは歌や踊りを楽しんでいますが、見たことのないような大きな楽器にみんな興味津々でした。
ありがとうの花やなど、知っている曲が流れると自然と体が動きます。音楽を通して、子どもたちの感性が豊かになっていくといいですね。


発表会の余韻あそびが続きます。

生活発表会のビデオ撮りは無事終了しましたが、子どもたちは他のお友達の劇を見て楽しんでいます。他にやりたかった踊りや劇の役にも交代して演じたりしています。

今年は録画翌日が成道会のお参りや、土日を挟むので、飛び飛びで自由に遊んでいます。

ギャラリーの子どもたち

他のクラスの演技に見入る子どもたち

3歳児の踊り

一部役を替わったりしています。

3歳児の踊り

3歳児は2グループに分けて踊りました。

3匹のコブタアレンジ

三匹のコブタだけど、コブタはたくさん。

海賊の劇 ヨーホーたからじま

ヨーホーたからじま

みんなリラックスして、本番よりも上手かも。

12月8日は成道会。

12月8日はお釈迦様がお悟りを開かれた日。子どもたちがお花とロウソクをお供えしてお参りをしました。

 12月8日はおしゃかさまがお悟りを開かれた日です。おしゃかさまはインドの王子さまでしたが、みんながどうやったら幸せになれるかを探すために修行に出かけました。そして1週間坐禅をしておさとりをお開きになりました。その時のお言葉が、いつもお参りするときにお唱えするお経です。みんなも先生のお話をよく聞いてケンカせずに仲良く遊びましょう。

とお話ししました。

まず大きいおともだちがお菓子とお花とお茶湯をお供えします。

お参りのあとはおしゃかさまのおさとりの紙芝居を読みました。

スジャータという女性に乳粥を供養していただき、その後、菩提樹の下に坐ってお悟りを開かれたそうです。(紙芝居ではわかりやすいようミルクになっています。)

最後に最後に本堂のご本尊様にお参りをしました。

生活発表会リハーサル終了。

11月29日に衣装を着てのリハーサルを終え、12月6日、7日の二日間で本番録画を行ういます。通常の保育を行いながらの録画となり、ドタバタですが、今年で3回目。おおよそ慣れてきました。

子どもたちも舞台での踊りや劇に慣れ、他のクラスの舞台を見たりしながら楽しく練習しています。だんだん慣れてくると欲が出るのか、ところどころにアレンジを入れたり、逆にちょっと難しいところは簡単にしたりしています。

本番録画は先生たちにはNG無しでしますよ!とは言っていますが、子どもたちの方が、なんせ観客がいませんので緊張感がやや欠けてしまいます。まあ、これが自然体でいいのかもしれませんが。

おうちの方は早く見たい!!と待ち遠しいとは思いますが、撮影後にDVDの作成を行い、完成が年明けとなります。少々遅くなるのが申し訳ないところですが、子どもたちのかわいい姿を楽しみにお待ちください。

自由遊び

令和4年11月のお参りをしました。

11月のお参りはいつもの17日ではなく、15日に行いました。七五三のお参りです。

七五三とは、7歳、5歳、3歳になれたことを祝うお参りです。
お参りでお供えをした千歳飴は、これからもおともだちみんなが怪我や病気をせず、大きくなれますようにとお願いを込めています。
おうちに帰ったら、みんなが元気に長生きするように、お父さんやお母さんと一緒に食べましょうね。
と、お話ししました。

お参り前のお供え

お当番さんが、お供えをします。

お茶、お湯、お菓子をお供え

年長児はお茶とお湯、年中児は七五三の飴袋。もちろん千歳あめが入っています。

お花をお供え

三歳児さんはお華を持っていきます。

お参りします。

園長先生がお経を読み上げたあと、みんなにお話しをしました。

その後は、七五三の紙芝居を読みました。

みんなで製作した千歳飴を持って。ハイチーズ。

これからもずっと、健康で幸せになりますように。